ブラックピークについて

世界中のお客様の重大なリスクを発見する事に専念

ブラックピークは国際的な調査リサーチ・リスクアドバイザリー会社です。

会社概要

ブラックピークについて

ブラックピークは国際的な調査リサーチ・リスクアドバイザリー会社です。当社は調査デューデリジェンス、ビジネスインテリジェンス調査、政治リスク分析、スクリーニング、調査とセキュリティにおいての専門家です。

ブラックピークの創設者およびマネジャー達は、リスクアドバイザリー、コーポレートファイナンスおよび投資業界においての専門家達です。当社のチームは、多様な専門性とアカデミックな背景を持つ社員で構成されており、飽くなき好奇心と細部へのこだわり、そして高い分析能力を保有しております。

当社はアジアで設立され、金融・経済の中心地である、香港、シンガポール、東京、上海、北京、広州、ニューヨーク、ワシントン、ロンドンに拠点を構えております。

2019年、ブラックピークはグローバルなデータ及びインテリジェンス情報サービスを提供しているAcuris社の一員となりました。

事業内容

ブラックピークはお客様が日々の業務や取引を行う際、必要な情報収集や分析結果を提供することで、お客様をリスクから守り、より成功の道へと導くお手伝いをさせて頂いております。

迅速かつ効率的に、個人の背景調査から特定の事業、業界、国に対する包括的なリスク分析、複雑な詐欺調査まで、お客様の必要とするあらゆるリスク軽減のためのサービスを提供しております。当社で丹念に作られた報告書はディールチーム、コンプライアンス責任者、セキュリティ担当者、弁護士、執行役員の方々にご利用頂いております。

常に品質を重視し、お客様への誠実さと敬意を重視した顧客第一主義を貫くことで、当社の評判と事業の拡大を築いてきました。

ESGに関する取り組み

ブラックピークは環境・社会・ガバナンス(ESG)への配慮が今後世界的にビジネスにおける最大の課題になると確信しております。近年の世界的な事象は特に、既存のビジネスモデルが根本的かつ継続的な改革なくしては実行不可能になりつつあると証明しております。

ESG改革は当社が2011年に設立されてから、お客様へご提供するサービスの中心になっております。全てのサービスと商品において、当社はお客様が直面するESGリスクを識別し、それらのリスクを最小化する戦略を助言して参りました。特に、国際投資家や企業が再生エネルギー事業に取り組む上で、当社はアドバイザー役としてのマーケットリーダーです。

米国サステナビリティ会計基準審議会(SASB)との提携によって、当社は企業環境における実際的または潜在的なESG問題を識別する為に、厳密かつスケーラブルなESGフレームワークを使用しております。SASBのMateriality Map® General Issue Categoriesとライセンス契約し、サービスをご提供する際に実施しております。

なぜSASBを利用するのか?

米国サステナビリティ会計基準審議会は、業界特有のサステナビリティ公開基準を設定する投資家にとってのグローバルリーダーであります。SASBは企業のサステナビリティ業績を共有することによって、企業や投資家が情報に基づく意思決定を行い、サステナビリティ成果の改善及び長期的な価値創造につながると考えております。

当社はSASBの理念に共感しております。SASBとの提携によって、お客様の経済的利益と長期的なサステナビリティ価値の調整を支援致します。

ESG資格と企業文化

当社はESG関連のサービスを提供するだけではなく、ESG基準を自社の企業文化、ポリシー、運営及び人材育成にも反映させております。

当社のチームメンバーは、サプライチェーン・ライフサイクルアセスメント、再生エネルギー、ESGインテリジェンス、ESG報道、調査報道・ジャーナリズム及び政策分析において、数十年の経験を保有しております。多くの社員はグローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)、公認不正検査士協会(ACFE)の公認不正検査士(CFE)、国際コンプライアンス協会のアンチマネーロンダリング(AML)及びGIAC公認フォレンジック検査士(GCFE)を含む世界的に公認されている資格を保有しております。

ブラックピークはアジアにおいて、ガバナンス改革の推進を主導するアジア企業統治協会(ACGA)と提携しており、当社創業者の一人は2004年からACGAの事務局員を務めております。また、当社は新興市場プライベート・エクイティ協会のESGコミュニティのメンバーでもあります。

ブラックピークの社員及びマネージメントメンバーの半数は女性です。当社は事業におけるコンプライアンス問題や現地の規制について社員を教育しており、全社員に定期的にサイバーセキュリティ訓練を必須として受講させることによって、お客様のデータの安全を維持するための社内システムを構築しております。

ブラックピークの強み

お客様への強いコミットメント

プロジェクトの規模に関係なく、当社は全てのお客様と長期的で良好な関係を築くことを大事にしております。当社はお客様へ高品質のサービス提供と風通しの良い関係、良好な信頼関係を築くことを重要視している為、多くの新規お客様は、既存のお客様からの紹介よりお問い合わせを頂いております。当社では、最も経験豊富なチームがお客様の案件を担当できる様、各国のチームが一丸となって協力し合い、コラボレーションを重視した形で働いております。

専門知識と多様性

創設者およびシニアマネジメント達は、お客様や報道機関からも専門知識を求められるような、リスクアドバイザリー、コーポレートファイナンスおよび投資業界での専門家達です。当社のチームは、多様な専門性とアカデミックな背景を持つ社員で構成されており、飽くなき好奇心と細部へのこだわり、そして高い分析能力を保有しております。当社は現地の人材を雇用することで、金融、政治の各主要拠点へ幅広いネットワークを築いております。

確実な実績

ブラックピークは世界中の企業から、慎重に扱うべき困難を伴うプロジェクトを依頼されております。ヘッジファンド、プライベートエクイティ、法律事務所、多国籍企業そして国際機関のお客様より当社のサービスをご利用頂いております。

複雑性の緩和

当社のお客様は簡単なデータ収集のためではなく、分析や助言を求めて当社に案件を依頼されております。当社は、複雑な金融取引、不明瞭な企業構造、複数の管轄区域や多言語を含む、多様な案件に対応しております。当社のマネージャー達は、リスクおよび詐欺問題に関して、専門家として頻繁に見解を発表しており、本業界での専門家として認知されております。当社のチームは、単なる情報提供だけではなく、お客様が問題の全体像を把握できるよう、簡潔かつ明確な結果をお届けしております。

優れた品質

ブラックピークは何よりも高い品質をご提供することを重要視しており、会社全体で、企業文化の一部として、品質を追求し続けております。当社は調査手法に強い自信を持っているため、同業他社よりも多く、自社内のみで調査を行っております。当社のレポートは、編集作業含めて全て当社社員によって作成されており、創業者を含めたシニアマネジメントによって、クオリティの管理が行われております。

コンプライアンス文化

ブラックピーク社員は、倫理及びコンプライアンスポリシーを遵守しております。贈収賄防止や汚職、インサイダー取引などについて幅広く社員へのトレーニングを行なっており、私たちの業務に適用される法令および規制(プライバシー、証拠規則など)を深く理解しております。また当社のITシステムは、データが保護される様きちんと設計されており、大手金融機関のお客様からのIT監査項目も毎年クリアしております。

ブラックピークのチーム紹介


マネージングディレクター

Jack Clode

マネージングディレクター
+852 3110 6519
Jack.Clode@acuris.com

ブラックピークの共同創業者として、20年以上リスクアドバイザリー業界での管理職の経験を持つ。業界を問わず、アジアにおける多くのリスクプロジェクトを管理し、過去にはエネルギー、インフラ、ロジスティックス、テレコミュニケーションを含めた多くの業界においてのプロジェクト経験を有する。フォーチュン500、アジア多国籍企業、大手金融会社、ファンド等を含めた幅広い顧客層を持つ。

1995年に香港に渡り、香港を拠点としてアジアの複雑な調査を手掛ける先駆者となる。2001年には大手の調査企業のアジアでのトップとなる。この時の経験が、最終的にその他調査専門家とともにブラックピークを設立する事となる。

現在はブラックピークのグローバル成長戦略を検討すると共に、プロジェクトにも積極的に参加している。

アジアにおけるリスク管理に関し、New York Times 、 Reuters 、 60 Minutes 、 Forbesを含む多くの国際メディアにて見解を取り上げられた経験を持つ。

Christopher Leahy

マネージングディレクター
+65 6978 4948
Christopher.Leahy@acuris.com

ブラックピークの共同創業者として、アジア太平洋地域の金融業界にて25年以上のリスクアドバイザリー経験を持つ。シンガポールを拠点に、アジア太平洋地域においての様々なリスクプロジェクトマネージメントを実施している。数多くの金融業界での管理職経験より、アジアでの金融業界・事業関係者と関わりを多く持つ。

ブラックピークの東南アジア代表として、東南アジア地域における複雑なデューデリジェンス、調査、ビジネスインテリジェンス、紛争事象調査を担当。プロジェクト外ではブラックピークの成長戦略を他創業パートナーと協議・検討している。

ブラックピーク参画前は、クロール社アジア太平洋地域代表として、グローバルリスクビジネスを中心とした、東南アジアのビジネスを確立。それ以前は、クロスビー社のアジア投資銀行部門の代表を務め、BNP Peregrine キャピタルの取締役の経験をも有する。2004年にアジア・コーポレートガバナンス協会の事務局メンバーに着任しており、アジアのコーポレートガバナンスにおいて権限を持つ。

国際メディア(BBC, Reuters, the Strait Times, The Asian Venture Capital Journal)より、アジアにおける市場・地域問題に関して見解を求められることが多々あり、定期的に様々な学会やトレーニングに講師として招かれており、記事の記載依頼も多く受けている。

Sean Chen

マネージングディレクター
+852 3110 6518
Sean.Chen@acuris.com

ブラックピーク香港のマネージングディレクターとして、創業者と共にブラックピークの成長戦略の構築を担当。

ヘッジファンド、機関投資家、投資銀行、法律事務所及び事業会社のお客様に対して、複雑なビジネスインテリジェンス調査やデューデリジェンス案件の豊富な経験を持つ。戦略、パフォーマンス、マネージメント意思決定、不正、汚職及び政治と規制リスクについての情報収集と、上場企業の分析を含む調査を専門とする。

ブラックピーク参画前は、コントロールリスク社のコンサルタントとして、また米シンクタンクのブルッキングスインスティチューションの研究員として、更にそれ以前は、ウィリアムスコノリーLLP法律事務所にて勤務した経験を持つ。

バージニア大学とロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで政治学の学士号を取得。台湾系アメリカ人として、英語と中国語(マンダリン)が堪能。


マネジメントチーム

Ada Wang

アソシエイトディレクター
Ada.Wang@acuris.com

ブラックピーク上海のアソシエイトディレクターとして、中華圏におけるビジネスインテリジェンスとデューデリジェンス調査を実施している。過去には政府、シンクタンク、NGO、教育機関の為の定性的・定量的調査を実施した経験が豊富である。

ブラックピーク参画前はイースト・ウエスト・センターのリサーチアシスタントとしてアメリカとアジアの関係に関する研究を行っていた他、ハドソン研究所で米中政治および安全問題について勉強していた。

ジョージタウン大学からの公共政策修士号および華東理工大学の行政学士号を保有しており、英語および中国語(マンダリン)が堪能。

Alexander Nasr

ディレクター
Alexander.Nasr@acuris.com

ブラックピーク香港のディレクターとして、9年以上にわたりアジア太平洋地域のリサーチ、分析、プロジェクトマネジメントを行ってきた経験を持つ。ここ数年は複雑な企業不正、汚職、訴訟支援の為の調査を主に行う。また、デジタルフォレンジック、Eディスカバリー、投資前デューデリジェンス、政治リスク、ビジネスインテリジェンスの調査などでも豊富な経験を持つ。デジタルフォレンジックのGIAC公認フォレンジック審査官(GCFE)と公認不正審査官(CFE)の資格を保有する。

ブラックピーク参画前は、米系調査会社の香港オフィスで取締役として勤務。それ以前は、国際的な調査会社でプロジェクトマネージャー及びシニアアナリストとして活躍。更にそれ以前は、大手投資銀行で危機管理アナリストとして務めた。

英語と中国語(マンダリン)が堪能。清華大学で法律学修士号を修了。ワーテルロー大学で学士号を取得。カナダ出身で2005年から中華圏に居住し、様々な業務を行う。

Antoine Cadot-Wood

アソシエイトディレクター
Antoine.Cadot-Wood@acuris.com

ブラックピークニューヨークのアソシエートディレクターとして、ブラックピークの米国・欧州での調査案件の開拓を担当。金融、ヘッジファンド、事業会社に対してのデューデリジェンス、訴訟支援、ビジネスインテリジェンス調査を担当している。

それ以前はブラックピークの上海オフィスにて3年間在籍し、アジア太平洋地域・欧州・米国においてのデューデリジェンス、企業調査、ビジネスインテリジェンス調査を担当した。ブラックピーク編集チームの一員でもあり、お客様に提供する報告書を高品質に保つ仕事も担当。

ウェズリアン大学で東アジア研究の学士号、ジョンズホプキンズ大学で国際関係学、南京大学の国際研究の修士号を取得。英語、中国語(マンダリン)、フランス語が堪能。公認不正調査員の資格も保有。

Ben Lee

アソシエイトディレクター
Ben.Lee@acuris.com

ブラックピーク香港のアソシエートディレクターとしてデューデリジェンスと企業調査を実施しております。香港、中国、シンガポールにての調査経験を持ち、個人・ネット教育、保険、サプライチェーンマネージメント分野を専門としております。

ブラックピーク参画前はコンサルティング会社にて投資の書類準備、富裕層顧客との連携、顧客候補者の財務情報分析を含むビジネス・投資家移行案件を担ってきた。

香港ポリテクニック大学の経営学士号を取得し、英語と広東語が堪能。

Charles Chia

アソシエイトディレクター
Charles.Chia@acuris.com

ブラックピークシンガポールのアソシエイトディレクターとして、東南アジアにおける複雑なデューデリジェンス調査を担当。資産調査、背景調査、企業調査及びデューデリジェンス等の案件実施経験を持つ。

ブラックピーク参画前は、コンサルタントとしてリスクマネジメント会社、リサーチインターンとしてシンガポールのEUセンターに勤務。 シンガポール憲兵隊の特別調査会支部のアシスタント調査員の経験も持つ。

モナシュ大学のジャーナリズムと政治学の二つの学士号を保有し、シンガポールの調査員資格も保有。

英語と中国語(マンダリン)が堪能。

Chris Allen

EMEA地域ディレクター
Chris.Allen@acuris.com

ブラックピークロンドンのディレクターとして、欧州・中東地域におけるブラックピークの調査及びデューデリジェンス事業を引率。ブラックピークのスクリーニングサービスの代表でもある。

ブラックピーク参画前は、ロンドンのGoldman Sachs で8年間の職務経験を持ち、銀行のビジネスインテリジェンスグループで事務局長を担当していた。著名な資本市場、プライベート・エクイティー取引のデューデリジェンスを主導しながら、グローバル委員会に法的、規制及び評判のリスクに関する助言を行った。また、贈収賄や汚職、経済制裁、複雑な評判考慮事項に関する問題の対応も多く経験している。

それ以前の経歴としては、グローバルリスクコンサルティング会社のケースマネージャーとして、上海、香港及びロンドンで、デューデリジェンス及び不正と汚職に関する調査を担当。

イギリスのリーズ大学にて中国語のファーストクラスの学位を保有。母国語の英語の他に、中国語(マンダリン)が堪能。

David Pruden

アソシエイトディレクター
David.Pruden@acuris.com

ブラックピーク香港のアソシエイトディレクターおよび公認不正検査士(CFE)として、金融及び銀行クライアント向けに400件以上のリスク調査プロジェクトを担当してきた。英語とロシア語のデューデリジェンスおよびビジネスインテリジェンス調査を専門とする他、ブラックピークが顧客向けに作成するレポート等の編集チームのリーダーでもあり、クライアントに提供する報告の品質と一貫性を管理している。

ブラックピーク参画前は数学と英語教師としてアメリカ、クウェートとタイで勤務した。ニューヨークの政治リスク会社でも定期出版の研究及びビジネスコンサルティングプロジェクトをサポートした。 アメリカの学術界と民間企業での研究経験を持ち、専門分野は政治リスクと露中政治経済関係を含む。

コロンビア大学のロシア・ユーラシア・東欧地域学の修士号およびフロリダ大学のロシア語学とヨーロッパ国際学の学士号を保有しており、英語、ロシア語とフランス語が堪能。 自然言語処理、人工知能およびデータサイエンスに関する知識を持ち、Pythonでデータ分析と人工知能モデリングを行える他、C++、VBAとSQLでのプログラミングにも堪能。

Diana Xu

アソシエイトディレクター
Diana.Xu@acuris.com

ニューヨーク支社のアソシエイトディレクターとして、米国市場の営業を担当している。金融機関、法律事務所、国際機関及び事業会社のお客様のデューデリジェンスと調査のニーズを把握し、お客様のご要望に沿ったサービスを提供している。

ブラックピーク参画前は、某国際リスクコンサル会社のニューヨーク、香港、ワシントンDCオフィスで勤務していた。香港オフィスの調査チームリーダーとして、KYCプログラム、取引前デューデリジェンス及び企業不正と汚職調査を含む、アジアと米国での複雑な調査プロジェクトを統括していた。それ以前は、その他国際リスクコンサル会社にて英・中二ヶ国語で公開情報リサーチを担当していた。

ジョンズホプキンス大学にて国際経済学の修士号と国際関係学の学士号を取得。公認AMLスペシャリストであり、英語と中国語(マンダリン)が堪能。

Liann Li

アソシエートディレクター
Liann.Li@acuris.com

ブラックピーク上海のアソシエートディレクターとして中華圏における金融サービス企業や弁護士事務所等を中心にビジネスインテリジェンスとデューデリジェンスを実施しております。

ブラックピーク参画前はリサーチインターンとしてグローバル市場調査・コンサルティング会社で複数の業界に渡る定量・定性的な市場調査プロジェクトを経験しました。

香港城市大学のマーケティング修士号、中国の華東政法大学にて会計の学士号を取得しており、中国標準語と英語が堪能。

Li Chen

ディレクター
Li.Chen@acuris.com

ブラックピーク香港のディレクターとして中華圏のチームメンバーと商業・風評デューデリジェンス調査、ビジネスインテリジェンス案件を担当。

ブラックピーク参画前は、シカゴ大学のリサーチアシスタントとして、中国の国内政策、その政策の政治経済的影響を調査。それ以前は、セキュリティーとテロに関してのシカゴプロジェクト(Chicago Project on Security and Terrorism)の調査・データ分析院生として活躍。また中国人民共和國商務省、オックスファム香港の国際農業開発基金インターンとしての経験も持つ。

国際セキュリティーに焦点を置いたシカゴ大学の国際関係修士号、中国人民大学の国際政治法学士号を取得。英語、中国語(マンダリン)が堪能。

Lionel Yan

アソシエイトディレクター
Lionel.Yan@acuris.com

ブラックピーク上海のアソシエイトディレクターとして、事業会社のお客様に対する知的財産侵害調査、不正当競争、内部詐欺、デューデリジェンス調査を担当。

過去10年間で、調査員として400件以上の案件を担当した経験を持つ。専門はソース開拓、詐欺調査インタビュー、現地調査、監視、証拠収集、公証、法執行機関連携を含む。

ブラックピーク参画前は日本貿易組織の知的財産部門のシニア調査員として勤務。上海大学の法律学士号を取得。英語と中国語(マンダリン、上海語)が堪能。

Mabel Sim

アソシエイトディレクター
Mabel.Sim@acuris.com

ブラックピークシンガポールのアソシエイトディレクターとして、東南アジア、オセアニア、ヨーロッパにおける複雑なデューデリジェンス調査を担当。デューデリジェンスを案件を率いた豊富な経験と、事業会社、金融機関、法律事務所のお客様向けの、複雑な調査プロジェクトの経験を持つ。

ブラックピーク参画前は、国際リスクマネジメント会社のコンサルタントとして、東南アジアでビジネスインテリジェンスと調査デューデリジェンスプロジェクトを担当。小規模なリスクアドバイザリー会社のコンサルタントとしても、アジア太平洋地域でデューデリジェンス業務を担当した。シンガポール政府の貿易機関での勤務経験も保有する。

シンガポールマネージメント大学で政治と商法を専攻し、社会科学士号を取得。英語と中国語(マンダリン)が堪能。

Natalie Kwan

リサーチ部門ディレクター
Natalie.Kwan@acuris.com

ブラックピークの調査ディレクターとして、調査員のトレーニングや調査方法の開拓を担当。 ユニーク且つ調査が困難な国においての世界中のデューデリジェンス調査、資産調査、所有権分析プロジェクトを実施、引率する。

ブラックピーク参画前は、グローバルリスクアドバイザリー企業に勤務しており、東南アジアにおけるデューデリジェンスや企業調査を実施した経験を持つ。

CFE (公認不正検査士資格)保有者であり、Hong Kong Association of Certified Fraud Examiners(公認不正検査士協会香港支部)に対してのトレーニングを実施した経験を持つ。オックスフォード大学にて現代英国・欧州史の学士号を取得。英語、 広東語、フランス語が堪能。

Qi Zha

アソシエイトディレクター
Qi.Zha@acuris.com

ブラックピーク米国のアソシエイトディレクターとして、中華圏のチームと共にデューデリジェンス、不正調査、訴訟支援及びビジネスインテリジェンスプロジェクトを担当。法律事務所と事業会社のお客様を対象に、複雑なデューデリジェンス、訴訟支援に関する経験を持つ。

ブラックピーク参画前は、ミシガン大学の財務オフィス及びシカゴの非営利団体であるダグラスセンターで研究員としてインターンシップを行った経験を持つ。

公認詐欺調査資格を有し、ミシガン大学にて国際金融と貿易を専攻。公共政策学の修士号、中国人民大学にて土地管理と不動産経済学の学士号を取得。中国語(マンダリン)と英語が堪能。

今泉 玲美

クライアントリレーションシップマネージャー
Reimi.Imaizumi@acuris.com

ブラックピークのクライアントリレーションシップマネージャーとして、創設者やその他エグゼクティブチームと共に、既存のお客様の担当窓口かつ新規のお客様の開拓などを担当。

現在は香港を拠点とし、金融機関や法律事務所、PEファンドまたM&A業界の経営幹部の方々への新規顧客開拓や関係構築などの分野で豊富な経験を持つ。

Acuris香港オフィスに2009年入社。リレーションシップマネージャーとして香港と日本の市場を担当した後、アジア太平洋地域の営業担当、その後日本市場の営業部長として新規市場開拓及び既存のお客様との関係構築に努める。

その後Acurisのニューヨークオフィスへ異動し、シカゴオフィスの立ち上げ及び米国中西部の市場開拓、成長戦略を担当する。

Acuris参画前は、CLSAの東京オフィスでコーポレートマーケティング担当として、機関投資家フォーラムの企画やIRを担当。

慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス、総合政策学部卒業。英国ウェストミンスター大学奨学生。クリスティーズNYにてアートビジネスの資格も保有。日本語と英語が堪能。

Rikwan Putra

アソシエイトディレクター
Rikwan.Putra@acuris.com

ブラックピークシンガポールのアソシエイトディレクターとして、東南アジア、南アジア、オセアニア地域における複雑なデューデリジェンス調査・資産調査を担当。特にインドネシア案件を専門としており、ブラックピークにて、150件以上の案件を担当した経験を持つ。金融機関、運送、化学製品、不動産、発電、プランテーション、鉱業、石油等の業界を含める民間非上場企業・上場企業・家族経営の複合企業に対してのデューデリジェンス調査も担当しており、調査が困難な地域においての調査リソースの構築にも積極的に参加している。

ブラックピーク参画前は、政治リスクアドバイザリー企業に在籍しており、東南アジア拠点の企業の風評、規制、政治リスクを評価していた。シンガポールの主要銀行にて、インドネシア拠点の建設企業に対しての即興プロジェクトにも加わっていた経験もある。その他にもシンガポール拠点のマネージメントコンサルティング企業において インドネシアの教育業界市場参入調査にも携わる。

シンガポール国立大学で応用数学と経済学の学士号を取得。英語とインドネシア語が堪能。

Susan Wu

ディレクター兼上海オフィス代表
Susan.Wu@acuris.com

ブラックピーク上海のディレクターとして、複雑なデューデリジェンスを担当すると共に、上海オフィス代表としての業務も担当。ブラックピークの中国人顧客の窓口となっており、投資前後のデューデリジェンス、ビジネスインテリジェンス調査、詐欺・知的財産調査等を含める、400件以上のリスクアドバイザリー案件の経験を持つ。

ブラックピーク参画前は、国際的なリスク企業において、M&A顧客へのデューデリジェンス、多国籍顧客への複雑な詐欺調査、国際法律事務所への訴訟支援プロジェクトを担当。国内、海外企業に対しての人員採用前の背景調査も実施した経験を持つ。

上海外国語大学の英文学科で学士号を取得。英語と中国語(マンダリン、上海語)が堪能。

Thomas Pellman

ディレクター兼米国オフィス代表
Tom.Pellman@acuris.com

ブラックピーク米国のディレクター兼米国オフィス代表であり、米国拠点の企業との新規事業開拓も担当。カリフォルニアと北京にてデューデリジェンス、企業調査案件を担当した経験を持つ。

ブラックピーク参画前は、4年間世界最大の風力発電企業のVestas A/Sにて、アジア太平洋地域17カ国の情報分析、市場・競合・顧客・規制調査等を担当。それ以前は、中国においてChina Economic Review含めた経済誌のビジネスジャーナリスト・編集者としても活躍し、主に再生可能エネルギー業界を担当。

インディアナ大学で哲学と人類学学士号を取得し、Phi Beta Kappa栄誉学生として卒業。2013年にChartered Financial Analyst Examをレベル1で合格。中華圏に10年以上居住した経験を持ち、英語、中国語(マンダリン)が堪能。

Vanessa Capdevielle

ディレクター兼シンガポールオフィス代表
Vanessa.Capdevielle@acuris.com

ブラックピークシンガポールのディレクター兼シンガポールオフィスの代表であり、シンガポールチームをの統括を行う。創業者と協力して東南アジア、南アジア、オーストラリアの事業拡大を担当。

リスクアドバイザリー分野にて幅広い経験を保有しており、特に14年間在住していた東南アジアに対しては、深い知見を保有する。大規模で国境を越えた紛争及び調査、問題解決及び投資支援、ビジネスインテリジェンスまたインテグリティデューデリジェンスなどを含む、幅広い業界の案件を率いてきた。

ブラックピーク参画前は、ジャカルタとシンガポールの国際リスクコンサルティング会社にて勤務。それ以前は、国際的なビジネスアドバイザリー会社にて、東南アジアのデューデリジェンスおよび調査プロジェクトの統括を担当。更にそれ以前は、ジャカルタのフランス系戦略・リスクマネジメントコンサルティング会社とパリの旅行リスクコンサルティング業務に携わる。

国際関係および戦略研究の修士号を保有。公認不正検査士資格を保有し、近年までシンガポールの公認不正検査士協会の理事会メンバーでもあった。
英語、インドネシア語、フランス語が堪能。​

Xiaochen Su

アソシエイトディレクター
Xiaochen.Su@acuris.com

ブラックピーク東京のアソシエイトディレクターとリサーチチームリーダーとして、日本のリサーチ案件を統括する。ブラックピーク参画前は米非営利団体One Acre Fundが運営するタンザニア農村部のマイクロファイナンスとリテール事業を立ち上げた。それ以前はマレーシアとフィリピンでEコマース企業Lazada Group及び日本で楽天株式会社の国際事業開発と市場分析を担当していた。

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの国際政治経済学修士号及びイェール大学の経済学・電子工学学士号を取得しており、現在は東京大学の博士課程にも在籍し、ロシア極東地方の中国系移民コミュニティをフィールドワークとヒアリングを通して研究している。中国大陸、日本とアメリカ育ちで、日本語、中国語(マンダリン)及び英語が堪能。

ディレクター&北京オフィス代表
Yanhong.Xu@acuris.com

ブラックピーク北京の代表とブラックピーク東京のディレクターとして、ヘッジファンド、プライベートエクィティ及び事業会社のお客様に対しての、ビジネスインテリジェンスとデューデリジェンスを専門とする。アパレル業界から製薬業界まで、中華圏と日本の様々な案件を担当した経験を持つ。

ブラックピーク参画前は、中国対外投資調査とアジア太平洋地域の外交分析を専門とする米系シンクタンク、戦略国際問題研究所、パシフィック・フォーラムでリサーチフェローとして勤務。ジョージタウン大学でアジア問題の修士号を取得。日本育ちの中国人として、中国語(マンダリン)、広東語、英語、日本語が堪能。

Yulingbo Mao

ディレクター
Yulingbo.Mao@acuris.com

ブラックピーク香港のディレクターとして、ビジネスインテリジェンスとデューデリジェンス調査の経験を豊富に持つ。リサーチャー、調査員、そしてプロジェクトマネージャーとして、中華圏を中心にアジア太平洋地域の様々な規模の案件を担当した経験を持つ。金融機関、法律事務所、レギュレーター及び事業会社のお客様に対して、将来的な投資案件と現在進行中の投資案件、買収、上場、上場廃止、執行役員と取締役の任命、市場参入、内部調査、紛争及び訴訟に関する意思決定の支援を行なった経験がある。

顕著な論争を巻き起こすような事業会社と個人の名誉評価を専門とし、公開情報が少ない企業や個人に関する、国境をまたぐ案件情報を、多様な現地リソースを利用しながら有益なインテリジェンスの収集、管理を行う。

ブラックピーク参画前は、大手国際インテリジェンス企業とリスクコンサルティング会社で勤務。それ以前はドイツ銀行の、クライアントインテリジェンスユニットの一員として、銀行の重要顧客及び取引に関するリスクについての意見を提供していた。

香港理工大学から金融学の修士号とファッションと繊維学の学士号を取得。中国語(マンダリン)を母国語とし、英語と広東語にも堪能。

Zin Bo Htet

アソシエートディレクター
ZinBo.Htet@acuris.com

ブラックピークシンガポールのアソシエイトディレクターとして、デューデリジェンス、詐欺調査、東南アジアにおけるビジネスインテリジェンス等多数のリスク調査プロジェクトに携わってきた。ステークホルダーのために、デューデリジェンス及び学術研究を実施した経験も有する。また、政府系のプロジェクトにも参加した経験がある。

ブレークピークに入社する前に、リサーチアナリストとして南洋理工大学におけるラジャラトナム国際学部の非伝統安全研究センターに勤めました。また、修士学位取得しながらパートタイムのリサーチアナリストとして国立教育機関。

シンガポール南洋理工大学の国際政治経済修士号、ヤンゴン大学の英語学士号取得しており、ミャンマー出身でビルマ語、英語が堪能。ブラックピークシンガポールのシニア・アソシエイトとして、デューデリジェンス、詐欺調査、東南アジアにおけるビジネスインテリジェンス等多数のリスク調査プロジェクトに携わってきた。ステークホルダーのために、デューデリジェンス及び学術研究を実施した経験も有する。また、政府系のプロジェクトにも参加した経験がある。